トレンドNEWS@速報

最新・流行を中心とした話題性をまとめたブログです。 エンタメ・芸能情報を多く配信していきたいです(^_-)-☆

    カテゴリ: ネタ


    プレジデントオンライン

    ■若いお金持ちほど背伸びをする

    富裕層にも、もともと資産家の方とビジネスなどで成功してキャッシュフローがたくさんある方、その両方がある方がいます。ファイナンシャル・プランナーという仕事柄、それぞれのタイプのお金持ちにお会いする機会がありますが、資産家の方と、成功してお金持ちになった方とでは、行動や立ち居振る舞いにどこか違いがあるように感じます。

    資産家、つまりもともとお金持ちの方々は、上品でガツガツしたところがなく、堅実で謙虚な人が多い。流行のものを次々買うようなことはなさらず、本当にいいものを大切に使っています。おじいさまやおばあさま、ご両親から受け継いだものを大切に使われる人も少なくありません。いいものをこれ見よがしに見せつけたり、ひけらかすこともない。

    これに対して、若くしてキャッシュリッチになった人には、背伸びをする人が目立ちます。「周囲の人が持っているから」という理由でハイブランドのバッグや時計を身につけ、高級車をローンで買う。いずれも奥様主導で無理に背伸びをして買うというケースが多い。いずれ生活が立ちゆかなくなったり、下流老人にならないかと心配になることもあります。

    ■「こだわり」への出費は惜しまない

    資産家の人たちは、お金に対する考え方も堅実です。キャッシュフローはそれほど潤沢ではなくても、堅実な生き方が身についているため、困ってはいません。運用も過分なリスクを取ることなく、代々受け継がれてきた資産を守ることを重視します。とはいえ、「こだわり」への支出は惜しみません。

    あるとき、資産家の奥様に「キャッシュフローがなくて大変なの。アドバイスをしてくれないかしら」とお願いされてお話をうかがったところ、会費が高額な有名テニスクラブの会員権や、あまり使っていない別荘があることがわかりました。ファイナンシャル・プランナーとしては、まっさきに手放してほしい資産です。ところが、「そのクラブは社交の場だから手放せない」「その別荘は夏の社交に必要だから売れない」とおっしゃる。社交といっても、夜な夜な高級なお店をはしごするのではなく、お茶の会やホームパーティをする程度です。ただ、代々続いているものだけに、「それは譲れない」とおっしゃる。本当のお金持ちは、自分たちなりの「こだわり」があり、そこへの出費は惜しまないのです。資産家のお金への考え方を目の当たりにした思いがしました。

    ■「相当詳しいのだな」と感じさせる

    お金の使い方も上手です。前述のとおり、「こだわり」があるものには出費を惜しみません。お茶会の和菓子は老舗からの取り寄せ、着物は老舗中の老舗に仕立ててもらうという話を、嫌みなくさらっとされる方がほとんどです。また、ブランド品はブランドショップで定価で買い、デパートの商品は外商部に自宅まで商品を持ってきてもらいます。だからといって、高級品ばかりを買うわけではありません。日用品はスーパーで買いますし、「今日はお客様が大勢いらっしゃるから、コストコに食料品の買い出しに行く」ということもあります。お金を使う場合の目的意識が明確で、それに適したお店を使い分けられるのも、堅実な資産家らしい行動といえそうです。

    「こだわり」のなかには、「自分の趣味」も含まれます。茶道や華道をなさっている方もいれば、愛犬に愛情を注いでいる方もいます。草木を眺めながら散歩をするのが好きな方もいます。

    趣味の内容はさまざまですが、多くの方がそれを極めていて、生活のそこかしこにそれが反映されています。世間話で趣味を話題にされるだけでも、「相当お詳しいのだな」と感じさせるレベルの方が少なくありません。

    ■「資産に働いてもらう」重要性を理解している

    運用方法も堅実です。金融資産は国際分散投資が大前提で、保有する企業も、長い目で見て成長が期待できる国際優良企業や、安定配当が期待できる企業を選んで分散投資しています。そのような銘柄をご両親から相続し、ゆくゆくは子どもにも持たせたいと考える方が多いのも、資産家ならではといえるでしょう。

    なかには、資産の一部でトレードを楽しむ方もいます。例えば、ある方は、商品(コモディティ)価格が上昇する前にいち早く購入し、価格が上昇したタイミングでしっかり利益確定していらっしゃいました。豊富な人脈から「本当にいい情報」だけが入るため、いわゆる“目利き”になれるのでしょう。もちろん、金融資産の大半をトレードにつぎ込んだりして、リスクを取りすぎる方はいません。

    ■生命保険の活用も上手

    ご家族の資産、つまりファミリーのマネーを運用する会社をつくっている方々もいます。会社にすることで運用にかかる費用を経費にしたり、息子や娘をその会社の社員にすることで節税につながるだけでなく、家族全体で資産を守るという意識を高めることにもつながるのでしょう。ほとんど使わないけれど「手放したくない」国内の別荘や海外の不動産も、賃貸事業をすればキャッシュフローを得ることもできます。これによって、一家の大黒柱に万が一のことがあっても遺された家族の生活を守れるという安心感も得られます。だから「先祖代々の資産を売らずに守る」という判断がなされるのでしょう。“資産に働いてもらう”という考え方が身についているのも、資産家ならではの特徴です。

    生命保険の活用も上手です。保険会社も資産家の方々には「定期付き終身保険」や「アカウント型」のような商品でなく、その家族に適した優良な保険を紹介しているのだとは思いますが、しっかりと保険にも入っている方が多いように見受けられます。非常にスマートな資産運用ができているのも、資産家の共通項といえるでしょう。

    ■できない約束ははじめからしない

    忙しい人が多いにもかかわらず、スケジューリングがきちんとできていて、あたふたした印象がない人が多いのも資産家の特徴です。どんなに忙しくても誰かと会食する場合には、ゆっくりと食事と会話を楽しむ。忙しさをアピールするかのようにスマートフォンをチラチラ見るようなマネは、絶対にしません。そんなことをしたら、「早く食事を終わらせよう」と相手に気をつかわせますし、そもそも失礼です。「できない約束はしない」という話もよく聞きます。

    話題が豊富な人が多いものの、自分ばかりが話すことはありませんし、ましてや仕事上の成功談をすることもありません。「相手をいやな気分にさせない」「楽しんでもらう」ことを大切に考えているからでしょう。何度もお目にかかっているのに、新たな発見があり「奥が深い人だな」と思わせる方も多いように思います。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【富裕層は「スマホのチラ見」を絶対しない】の続きを読む


    読者もツッコミ『NARUTO』の迷言たち
    日刊大衆

     岸本斉史氏による大人気漫画『NARUTO -ナルト-』(集英社)。忍同士が熱い戦いを繰り広げるバトルアクション漫画で、「オレが知りてーのは楽な道のりじゃねェ 険しい道の歩き方だ」など、思わずグッとくる名言が数多く登場する作品だ。しかし、ファンの中には、作中の“迷言”のほうに注目している人も少なからずいる。物語が完結して二年以上たった今でも、『ナルト』の“迷言”は独り歩きし、しばしばネット上で用いられることが多い。そこで今回はファンの間で定期的に話題になる、『ナルト』の“迷言”を紹介していこう。

     最初の“迷言”は「水の無い所でこのレベルの水遁(すいとん)を発動出来るなんて!」というセリフ。これは二代目火影・千手扉間が「忍術・水遁」を使ったときに、それを見ていたキャラクターが驚愕して発した言葉だ。当時は謎に包まれていた歴代火影の強さを象徴するセリフだったが、後にもっとレベルの高い水遁を使うキャラクターが続々と登場。その結果、読者からは「火影の水遁はさほどレベルが高くないのでは?」と疑問の声が上がり、たちまち“迷言”と化してしまった。

     続いて「お体に触りますよ」というセリフ。これは干柿鬼鮫がうちはイタチにかけた言葉で、一見なんの変哲もないセリフに見えるが、実は『週刊少年ジャンプ』掲載時の誤植。本当は「お体に障りますよ」が正解だった。“障る”が“触る”になっただけだが、鬼鮫とイタチの両者が男性キャラだったためにネタにされてしまうことに。コミックス化の際に修正されたものの、「鬼鮫とイタチはそういう関係だったのか」「“相棒”という一線を越えてしまった」と一部のファンが大騒ぎし、いまだに“名誤植”として語り継がれている。

     また、ネット上でよく見かける「○○は犠牲になったのだ」という言葉のルーツも、『ナルト』の作中に登場したセリフ。これはうちはマダラがサスケに語った「イタチは犠牲になったのだ」が元ネタになっている。とてもシリアスなシーンにもかかわらず、「仮面に黒タイツ」のマダラの姿がシュールで、ネタにされてしまった。

     その他にも、最強というにはやや頼りない「日向は木の葉にて最強」という日向ヒアシのセリフや、クールなイタチがサスケに放ったかわいらしい褒め言葉「まるで蛇博士だ」などは、今でもファンの間でたびたび話題になっている。

     現在は『ナルト』の続編である『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』(集英社)がジャンプにて連載中。同作品からも新たな名言や“迷言”が生まれることを期待したい。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【読者もツッコミ『NARUTO』の迷言たち】の続きを読む


    バズプラス Buzz Plus

    歌手、声優、女優、漫画家、タレントなどの仕事をマルチにこなし、ゲームオタクとしての一面も持つ中川翔子さん。しょこたんの愛称で多くの人から親しまれている人気者であり、みんなのアイドル的な存在でもある。

    ・アイドルらしからぬ残虐写真を公開
    しょこたんはたびたびブログやTwitterなどに衝撃的な写真を公開しては話題となっているが、先日ブログに再びインパクトの強い写真を投稿。

    しかし同じ衝撃的な写真とは言え、これまでにしょこたんが投稿してきた写真とはタイプが違う。非常にショッキングで残虐的であり、アイドルとして越えてはいけない一線を越えてしまったと話題なのだ。

    ・ピカチュウを包丁で切る行為
    その写真はなんと、世界的に人気のゲームであり、人気のアニメでもある「ポケットモンスター」で最も人気のキャラクター・ピカチュウを包丁で真っ二つに裁断しているというものだ。

    以下にその写真を掲載するが、とにかく衝撃的な写真であるため、閲覧には十分注意していただきたい。


    ・ピカチュウのはちみつレモンケーキ
    しょこたんが真っ二つにしてしまったピカチュウは、しょこたんが自作したピカチュウのはちみつレモンケーキである。

    焼型に流し込むだけでしっとり美味しいピカチュウケーキができるそうだ。

    ・ポケモンファンからの批判が心配
    ゲームやアニメの中でのポケモンたちはどんなにダメージを受けても気を失うだけであり、体が裂かれたり切り刻まれたりすることはない。ケーキとは言えピカチュウを包丁で真っ二つにする行為は、全世界のポケモンファンを敵に回す行為であり、子供の夢を奪う行為になりかねないのだ。

    しょこたんに熱心なファンからの非難が殺到しないか心配である。

    もっと詳しく読む: 【衝撃】中川翔子がピカチュウを包丁で真っ二つに切る行為! 衝撃写真につき閲覧注意(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/08/05/shokotan-pikachu/



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【衝撃】中川翔子がピカチュウを包丁で真っ二つに切る行為! 衝撃写真につき閲覧注意】の続きを読む


    キャリコネ

    職場で出前を取る際、メニューによっては周囲から不評を買うことがある。どうやらピザもその一つのようだ。2ちゃんねるには8月2日、「会社にピザ頼んだらブチ切れられたのだが」というスレッドが立った。スレ主はランチミーティング用にピザを頼んだというが、

    「中華・蕎麦・カレー注文してるのに何故ピザがダメなのか」

    と納得いかない様子だ。

    「ピザ手に持ったら、手が汚れてPCのキーボード打てないじゃん」

    ピザ擁護派はこれに対し、「脳みそがメシはこれって思考で固まってんだろうな」「出前ならいいじゃん」など、ピザを受け入れない職場の人を批判。反対派は「常識を考えろ」と主張し、意見は真っ向から対立していた。

    怒られた具体的な理由や言われた言葉が明かされていないが、匂いが原因なのではないか、とする見方もある。たしかに、蕎麦などと比較するとピザの方が匂いが強く、周囲も気にしそうではある。

    「ピザ手に持ったら、手が汚れてPCのキーボード打てないじゃん」という指摘もあった。おしぼり等で手を拭けばいいだけの気もするが、きれい好きな人からするとそれでも嫌なのかもしれない。

    ほかには、上の世代の人にとってピザはパーティや会食の際に食べるイメージがあり、仕事中に食べるものではない、と思われている可能性もありそうだ。社内のランチミーティングといえども遊びじゃない、ということなのだろう。

    スレ主は「今度から松屋でキムカル特盛持ち帰りにしてやることにした」との言葉を残してスレッドから去ったため、結局何が原因で切れられたのかは判明しなかった。

    過去にも類似例が 「周りに確認してから注文」が無難なのか

    似たような話は他にもある。今年3月にもおーぷん2ちゃんねるで「会社で昼食にピザ取ったら上司にめちゃくちゃ怒られたんだが」というスレッドが22時台に立ち、

    「明確な理由が全然出てこなかったからバトってたらこんな時間になったんだが」

    と、スレ主が不満を漏らしていた。「だめなもんはだめなんだよ」と言い包める人、「その辺は同調圧力やからなー 雰囲気は自分で変えていけばええねん」となだめる人などさまざまだが、こちらもなぜ怒られたかは明らかになっていない。ヤフー知恵袋には2012年に

    「オフィスでのランチタイムにデリバリーピザを頼むのは非常識ですか?前にやったら年配の人から苦情を言われました。職場では丼や麺類の配達は日常的にあったのでピザもやってみたのですが、匂いが強かったのかなと思ってます」

    との相談があり、回答者から

    「あくまで職場ですからね。周囲にはあなた以外の人もいるわけだし、その場の雰囲気に合う合わない、というのも考慮したほうがよいと思います」

    と諭されていた。職場でのピザ注文は、人によって受け止め方も千差万別。「周りに聞いてからが良いですよね」とのアドバイスに従ったほうが無難のようだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【職場のランチでピザを取るのは許されるのか問題 「ダメなものはダメ」と全否定する人も】の続きを読む


    画像:ITmedia
    ねとらぼ

     子どもの頃、スーパーマーケットの店先に並ぶ「ガチャガチャ」に夢中になったことはありませんか? 筆者は大人になった今でも、ガチャガチャを見かけたときにはつい立ち止まってしまいます。最近でも「コップのフチ子」など、SNSなどで話題となり大人気となった商品も多いですよね。

    【拡大画像や他の画像】

     ちなみに、「ガチャガチャ」はバンダイやカバヤ食品の登録商標。一般名称は「カプセルトイ」といいます。ほかに「ガシャポン」や「ガチャポン」(いずれもバンダイの登録商標)などの呼び方がありますね。

     そんなガチャガチャ、自宅に欲しいと思ったことはありませんか? ガチャガチャ本体を自分で買えば、好きなだけガチャガチャできる……! 贅沢……!

     実は、ガチャガチャ本体は意外と簡単に買えるのです。ガチャガチャ通販専門サイト「あミューズ」では、各種ガチャガチャ本体を販売しています。

     例えば、街中でもよく見かける「カプセルステーション」の最新版は、1万9980円(税込)で売られています。個人で買えない値段ではない……!

     しかしこれだけではガチャガチャはできません。忘れてはいけないのがガチャガチャの中身。自宅に置く分には中身は何でも良いかもしれませんが、なんと個人でもきちんとした製品のセットを買えるのです。

     前述した「あミューズ」のほかにも、ガチャガチャの商品を通販形式で売っている企業は多くあります。コンプリートを目指す人にとっては、実際にお金を入れてガチャガチャするよりも、こういったサイトでまとめて買ったほうが安く手に入るかもしれませんね。……ワクワク感は当然薄れてしまいますが。

     さて、これで思う存分ガチャガチャができます。自分でやる以外にも、来客にはかなりウケそうですね。※前述のガチャガチャ本体にカプセルトイ100個を合わせた合計額は2万5000円程度。

     さらに、最近は副業としてのガチャガチャ設置も流行しているとのこと。確かに維持費はさほどかかりませんし、初期投資も比較的少額で済みます。

     子どもの頃の夢が、大人になってお金で解決してしまうのは、嬉しいやら寂しいやら……といった感じですね。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【夢のお買い物……! ガチャガチャ本体を丸ごと買うといくらになる?】の続きを読む



    こちらもおすすめ!


    このページのトップヘ