トレンドNEWS@速報

最新・流行を中心とした話題性をまとめたブログです。 エンタメ・芸能情報を多く配信していきたいです(^_-)-☆

    カテゴリ: ネタ


    アニメファン向けイベントの会場前にずらりと並ぶドイツの「痛車」。ここはドイツです
    ねとらぼ

     ドイツでは近年、自動車の外装にアニメキャラクターなどを施した「痛車」を見かけるようになりました。とくに昨年以降、アニメファン向けイベントではグループで展示されていて、「痛車」文化は浸透しつつあるように見えます。調べてみると「ドイツ欧州『痛車』ネットワーク」(Network of German & European Itasha:NGE痛車)なる団体の存在が明らかになり、設立者にインタビューをすることができました。今回はドイツの「痛車」事情をご紹介します。

    【画像】ドイツのアニメイベントで展示された「痛車」

    ●ドイツの「痛車」サークル「NGE痛車」とは?

     「NGE痛車」は、欧州における「痛車」のオーナーや「痛車」に関心のある人たちの情報交換と交流を目的に2015年に設立された団体。現在のメンバーはおよそ130人で、ドイツを中心に、オランダ、イタリア、スペイン、ポーランド、フランスなど欧州各地にいます。このうちメンバーが保有する「痛車」はおよそ40〜50台。ドイツが最も多く、デュッセルドルフを州都とするノルトライン=ヴェストファーレン州だけでも10台存在するそうです。

     代表のクリスティアン・メンツェルさんによると、設立の理由は「『痛車』のグループは、アジアやアメリカには存在しているが、ドイツにはまだなかったため」とのこと。

     主な活動内容は、イベントでの車両の展示と情報ブースの設置。オンラインではFacebookのグループで交流しているそうです。「いつの日か、メンバー全員が集結できるような大きなイベントを実施したい」と抱負を語ってくれました。

     メンバーは設立当初はゆっくりとしたペースで増えていきましたが、イベントへの出展を契機に、急速に増加。会費は存在せず、有志のメンバーによりボランティアで運営されています。

    ●「痛車」の魅力とは?

     もともと車ファンで、自分好みにカスタマイズしたいと思っていたというメンツェルさん。同時にアニメファンでもあり、ネットでアニメの絵が描かれた車を見たときに、そのカラフルな車体に一目ぼれ。最初は「痛車」という言葉を知らなかったため、情報収集には苦労したそうです。

     また「ファン同士の交流が非常に和やかで、お互いに助け合う傾向が強いのも、『痛車』文化が他のオタク文化のコミュニティーとは違う魅力のひとつかも」と教えてくれました。

    どうやって作っている?

     「情報収集は基本的にインターネットですね。英語の情報がメインですが、検索エンジンで『痛車』を検索し、その検索結果を参考にしています」とメンツェルさん。痛車雑誌も重要な情報源です。

     最近話題になったのは、「先日、ある雑誌が休刊したことで、ドイツでもファンが非常に残念がった」こと。雑誌は、日本の通販サイトで注文しドイツに発送してもらっています。

     では、具体的にどうやって「痛車」を製作しているのでしょうか。まずは依頼を受けてくれる業者を探すところから始まります。完成イメージとなるコンセプトを作成し、さまざまなところに問い合わせたそうです。

     「当初は自動車の整備工場などに聞いていましたが、なかなか良い返事をもらえず、最終的にはタクシーやバスのラッピング広告を手掛けるグラフィックデザイン事務所にたどりつきました」(メンツェルさん)

     1台にかかる費用はおよそ1300ユーロ(今のレートでおよそ17万円)。ただし価格は作業内容によって異なり、メンバーの中には4500ユーロを投じたという強者もいるとか。また、国ごとに物価が異なるので、どの国で発注するのかでも費用が変わってきます。

     苦労した点は、高解像度の画像データを手に入れること。その次は実際にフィルムの貼り付けを行ってくれる業者を探すこと。メンツェルさん個人の体験としては、他人の「痛車」をデザインすることも苦労だったそうです。「自分の『痛車』だと楽しいことばかりでしたが、妻の車をデザインしたときは純粋に作業ばかりで楽しくなかった(苦笑)」

    ●ドイツでの「痛車」への反応は?

     「99%ポジティブです」と言い切るメンツェルさん。特にイベント会場ではコスプレイヤーに好評で、車と一緒に撮影を希望するコスプレイヤーが多いと話します。

     メンツェルさんは仕事に行くときもプライベートでも『痛車』に乗っているので、よく声をかけられるそうです。「ある時、警官に呼び止められたことがあり、理由を聞いたところ、車をじっくり見たかったからだと言われたこともありました」。ドイツの警官も「痛車」に興味津々なようですね。

     イベントでよく聞かれる質問はと聞いたところ、一番多いのは費用について。次は、日常生活でもこの車に乗っているのか。また、制作方法についての質問も多く、あとは写真を撮ってもいいかと必ず聞かれるそうです。

    ●痛車文化の今後は?

     「少なくとも5年くらいはまだ広がり続けるでしょう」とメンツェルさん。「私たちも今年はドイツを離れて初めてスイスで『痛車』の展示を行いました。来年はフランスのパリを予定しています。その他の欧州の国も現在検討しています」。今後も欧州のイベントで「痛車」を目にする機会は増えそうです。

     最後に日本の読者へメッセージをいただいたところ、「日本で開催されている『痛車』イベントは、私たちにとってとても貴重なインスピレーション源となっています。いつの日か日本の『痛車』オーナーの皆さんと交流ができればと思っています」とメンツェルさん。

     日本を飛び出した『痛車』文化は、ドイツで着実に広まっているようです。日本とドイツは有名な自動車メーカーを抱え、自動車ファンも多いという共通点も。『痛車』を通じた日独交流というのも楽しいかもしれませんね。

    (取材協力:アニメメッセ・ベルリン2017、写真協力:N.G.E. Itasha、Lena Kluth)

    ●筆者紹介

    Kataho:ドイツ、フランクフルト在住のアニメ・ボカロ好き。日本文化を通じたドイツと日本の交流に興味があり、ドイツ各地の日本イベントに参加(Twitter:@sakaikataho)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ドイツで広がる「痛車」文化 オーナーに聞くその魅力や苦労とは】の続きを読む


    プレジデントオンライン
    「三人寄れば文殊の知恵」という慣用句がある。とくに頭がよいわけでもない、平凡な人間がひとりで考えていてもなかなか妙案は浮かばないが、3人で相談しながら考えれば、よりよい知恵が浮かんでくるもの──そんな意味だ。皆で話し合い、意見を擦り合わせていくことで最適解を導き出そうとするのは、民主主義の基本的な要件でもある。しかし実際は、そうした営みがうまく機能しない状況によく陥ってしまう。それは一体、なぜなのだろうか。

    ■「同調実験」が示した驚きの結果

    下の2枚のカードを見てもらいたい。右のカードの線A、B、Cのうち、左のカードに引かれた線と同じ長さのものはどれだろうか?

    答えはもちろんCだ。この問題には、種も仕掛けもありゃしない。正答率は、どう考えたって100%にかぎりなく近いだろう。

    ところがある条件のもとに行われた実験では、この正答率が60%台になってしまった。つまり、質問された人のおよそ3分の1が間違った答えを選んでしまったのだ。

    その実験とは、アメリカの社会心理学者ソロモン・アッシュがおこなった「同調実験」である。有名な実験なので、すでにご存じの方も多いと思うが、概要を紹介しておこう。

    実験では、8人が一組になって、上記のような2枚のカードを複数回見せられ、同じ長さの線を選ぶように指示される。しかし、じつは7人はサクラで、1人だけが真の被験者という設定だ。

    8人は、1人ずつ順番に自分の答えを言っていくが、サクラの7人が先行し、真の被験者は最後になるように座席が配置されている。

    いざ、実験開始。最初の2回は、サクラの7人も、正しい線を選ぶ。当然、真の被験者も正しい答えを選ぶ。ところが3回目になると、サクラ7人は一斉に間違った答えを選ぶのだ。

    実験は、18回まで繰り返され、そのうち12回でサクラ7人は、誤った答えを選んだ。アッシュは、この実験を50人に対して実施したが、結果はどうだったか。

    冒頭で述べたように、サクラ7人が誤った答えを選んだ場合、誤答率は36.8%になった。驚くべきは、7割を超える被験者が、少なくとも1回は、周囲につられて誤った線を選んだという事実だ。

    ■日本人は同調圧力に弱くない

    この実験が示すように、人間はいともたやすく同調圧力に屈してしまう。同じ長さの線を選ぶという間違えようのない問題に対してすら、同調圧力のバイアスが強くかかるのだから、政治的な見解やら社内の意思決定においては推して知るべしだろう。

    補足的な話をひとつ挟んでおこう。この同調実験は1951年に行われた。その後、同様の実験がアメリカで繰り返され、誤答率(=同調率)は、平均でおよそ25%だった。

    ここで気になるのは、日本の場合だろう。日本人は集団主義的で同調圧力に弱いと、日本人自身もよく口にする。ならば、同様の実験をしたら、さぞかしアメリカよりも高い同調率になりそうだ。

    ところがどっこい、結果はアメリカと大して変わらなかった。心理学者の高野陽太郎が『「集団主義」という錯覚』のなかで報告しているが、日本の大学生を対象におこなった同様の実験でも、同調率はアメリカとほぼ同じく25%だったのだ。

    ■「三人寄れば文殊の知恵」になるのか否か

    ということは、実験から読み取るかぎり、アメリカ人は個人主義で、日本人は集団主義というのも、これまたバイアスにすぎないことになる。もちろん、実感や経験にもとづいて反論したくなる方も多いだろう。が、いまは日本人論を展開することが本題ではないので、この話題は別の機会に譲りたい。

    さて、そこで次に考えてみたいのは「三人寄れば文殊の知恵」となるかどうかだ。先の同調実験には“話し合い”という要素がない。一方、日常生活では、人々はさまざまな形式、内容で会議を開き、話し合う。

    では、集団で話し合えば、偏見や思い込み、先入観は修正されるのだろうか。そもそも話し合いは、そのためにあるはずだ。たとえば政治思想の分野には、「熟議民主主義」や「討議的民主主義」という考え方がある。人々が議論を通じて、自分の意見や主張を相互に吟味していくことで、より優れた意思決定ができるという考え方だ。

    多くの人は、「ごもっとも」と思うに違いない。物事をいきなり多数決で決めるのではなく、よく話し合い、意見を出し合ったうえで決を採る。学級会でも、散々そんなことを先生から言われた覚えがある。だからこそ、民主主義の機能不全や形骸化を嘆く場合、「熟議の欠如」が漏れなくセットになりやすい。

    ■集団は個人の偏見を増幅させる

    でも、本当に熟議や話し合いは個人のバイアスを修正してくれるのだろうか?

    どうやらそうでもないようなのだ。この問いをずばり扱っている『賢い組織は「みんな」で決める』(キャス・サンスティーン+リード・ヘイスティ、NTT出版)は、「大局的に見れば、個人の偏見が集団で組織的に正されることはなく、悪化してしまうことのほうが多い」という。

    <たとえば、個々の陪審員が、裁判前に被告が有罪であるかのような誤った評判を聞いたり、単に被告の容姿に良くない印象を持っていたなどの理由で、偏見を持っていたとしよう。その場合、陪審員団は個々の陪審員の偏見を正すのではなく、増幅してしまう可能性が高い。>(同上)

    なんと集団は、個人のバイアスを修正するどころか、増幅させてしまう。いったいなぜそんなことが起きるのか。

    端的に言えば、空気を読んでしまうからだ。

    ■熟議はなかなか成功しない

    空気の読み方には、いろいろある。バイアスのかかった意見が大勢を占めると、異論・反論を持っていた人も、「もしかしたら、そちらのほうが正しいのかも」と、自分の意見を引っ込めてしまう。あるいは、「ここで反論をしたら、みんなから白い目で見られる」と思い、沈黙を守る場合もある。そうなれば、議論は一方向に振れやすい。結果、個々のバイアスや先入観も強化されてしまうわけだ。

    集団の危うさは、それだけにとどまらない。同書では、個々のバイアスや間違いの増幅のほか、最初に発言、行動を起こしたメンバーに従いやすい「カスケード効果」、集団がすでにもっていた方向を極端に先鋭化させる「集団極化」などを、集団の問題として指摘している。

    もちろん、熟議や話し合いが、必ず上記のような問題をまねくわけじゃない。熟議が成功して、個々のバイアスが修正されたり、より生産的な意見へと発展したりすることもある。

    だが、同書が言うように、「実世界では議論はしばしば誤った方向に向かってしまう」し、「多くの集団はメンバーたちの間違いを正すことができない。逆に、増幅してしまうことが多い」なんて状況に陥りがちだ。

    熟議は、どうすれば成功に導けるのだろうか。次回、さらに考察を深めていこう。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【議論を重ねても“よい結果”が出ない理由】の続きを読む


    愛カツ

    私と彼って多分両思いだと思うんだけど、どうして彼は告白してくれないのかな……?こんな微妙な関係に悩む女性も少なくないと思います。明らかに脈アリなのになぜか関係が進展しないとき、彼はこんなことを考えているのかも?

    もう付き合ってると思ってる

    照れ屋だったり、改まった雰囲気が苦手な男性も多いもの。そんな人は、告白なしになんとなく付き合い始めることのほうが「自然でいい関係」だと思っていたりします。そして「告白なしでも、もう恋人同然なんだからこれでいいでしょ?」と思っていることも。なので、彼が告白してこないのは「実は片思い」のようなネガティブなものではないことがほとんどです。そうはいっても「自分から勇気を出してまで関係をはっきりさせなくてもいいか」という気持ちもあるはずなので、なんとなく恋人っぽくなったけどいつも不安……。なんて状態になりたくなければ、思い切って「私のことどう思ってる?」と聞いてしまったほうが良いでしょう。

    周りの人間関係が気になる

    「この子のことは好きだし、本当は告白したほうがいいのはわかってる。でも、もしも周りに二人のことがばれたら照れくさいしなんて言われるかわからない。しかも振られたりしたら立ち直れない……」ここまで極端ではなくても、周囲に恋愛のことで口出しされたくないあまりにクヨクヨと悩み、二人の関係をはっきりさせることを渋っている男性もいます。あなたの口が軽いと思っているわけではないけれど、「なんでも周りに話されてしまったらどうしよう」と心配しているのかもしれません。なので、このタイプに有効なのは口の堅さアピールです。噂話に乗らない、その場にいない他人の話をしないのはもちろん、二人の時とみんなの時では彼に対する態度も変えるなどして、「女同士は何でも筒抜け」という彼のイメージを消す努力が必要です。

    付き合い始めてからの心配が多い

    好きな気持ちは確かにあるし、恋人同士になった自分たちを想像すると結構いい感じだと思う。でも、実際には激務だし、趣味もあるし、友達もいるし、すれ違いに終わる気がする……。こんな風に、付き合い始めてからの不安要素と恋心を天秤にかけて、「大変そうだし今のままでもいいか」と、関係をはっきりさせたがらない男性も案外多いもの。このタイプは、女性のほうから告白されれば二つ返事で付き合ってくれますが、いざ彼女が不満を漏らすと「付き合ってって言ったのは自分だよね?」と開き直ることも。「好きだけど、いろいろ努力したいほどではない」というレベルの「好き」なのかもしれません。ただ、付き合ってみたら案外すれ違いも気にならなかった!というケースも多いので、諦めきれない場合は自分から押すのもよいでしょう。

    営業などでは「契約するまで信用するな」という言葉があります。どんなに両想いっぽく見えていても、彼ときちんと「私たちは恋人同士」と確認しあうまでは、油断は禁物なんです。とはいえ、迷っている状態で決断を迫られると「やらない」ほうを選ぶ男性のほうが圧倒的に多いので、彼の迷いを無視すると、関係自体が壊れるかも。今がもしこの状態なら、「さらなる女磨きに励みつつもごり押しはしない」姿勢が決め手になってくるでしょう。

    (中野亜希/ライター)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【両思いっぽいのに告白してこない男性のホンネ】の続きを読む


    関連画像キャプション
    EntamePlex

    JXTGエネルギー株式会社が、7月15日(土)~8月31日(木)の期間、全国のENEOS・エッソ・モービル・ゼネラルのサービスステーション約14,000箇所において、「JXTGエネルギー誕生キャンペーン」を実施する。

    本キャンペーンは、誰でも解ける簡単なクイズに答えるだけで、抽選で5名にガソリン代100万円分(普通為替)、10名にガソリン代1年分15万円(普通為替)が当たるというもの。(※ガソリン1年分は、1,000L×150円/Lにて算出)



    ガソリン代100万円分は、単純計算で車で地球一周できるほどに相当し、何とも太っ腹な賞品となっている。(※地球の外周40,075kmとしガソリン単価150円、燃費7kmの車輌と仮定した場合)

    気になる参加資格は、「〇ネオス・〇ッソ・モービル・ゼネラルは、JXTGエネルギーのサービスステーションです」の、〇を埋めるだけで、誰でも応募可能!

    マイカーを持っている人は、ぜひキャンペーンに参加してみては?



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【世界一周も夢じゃない…ガソリン代100万円分が当たる!?】の続きを読む


    「ワイドナショー」で激論
    Jタウンネット

    2017年7月9日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ)で、国民食「カレーライス」にまつわる激論が交わされた。

    番組の後半、Jタウンネットの過去の調査を引用しつつ語られたのは、「カレールーの位置」。カレールーを、ご飯に対してどの方向に置くかという話題で、スタジオでは右側と左側、それぞれの利点が語られ、中には「ルーが上、ご飯が下」という新説も飛び出した。


    「縦になることでワンサイクルでいける」

    番組で紹介されたのは、Jタウンネットが2015年1~4月に行った調査(投票数1107)。それによると、全国的には「ルーは右側」が45%で多数派を占め、対する「ルーは左側」派は37.6%だった。ちなみに、大阪では「混ぜる」派が大阪府では8.3%と他地域よりも高めだった。


    「ワイドナショー」では、このデータを報じると、左利きだというミュージシャンの土屋礼央さんが、

    「色んなパターンやってみたんですけど、結果、ベストだったのが縦型です。スマートホンを見ながら食べるときに、横だとツーサイクル必要なんですよ。縦になることでワンサイクルでいける」

    と、第3勢力「上下派」を提唱。特に「ルーが上、ご飯が下」が最高なのだという。ご飯をすくう力はルーをすくう力より大きいため、「ご飯が上、ルーが下」という配置だと、勢い余ってルーがはねてしまったという。

    スマートホン片手に食事をするという必要性から生まれたスタイルだという。

    「いつのまにか食べ終わってる」

    と利便性を力説したが、番組コメンテーターの松本人志さんは

    「カレー食う時、もうスマホやめましょうよ」

    とツッコミを入れつつも、「斬新やわ」と感想を述べた。

    その後番組では、ルーの位置から派生し、「先にすくうのはルーか、ご飯か」という議論まで発展し、松本さんは、

    「ご飯にカレーが乗っている方が食欲増さないですか?見た目」

    と持論を展開すると、MCの東野幸治さんは、

    「最初にルーを入れた方がご飯が取りやすい」

    と反論するという一幕もあった。

    この「新勢力」について、ツイッターではこんな反応が出ている。
    恐ろしいニュースから始まったけど、最後はカレー議論で盛り上がっていたな。 土屋礼央の縦にして食べる論は斬新だった。今度やってみたいと思う。最終的にはカレーの食べ方というよりも、堀潤のスプーンの持ち方が独特で印象的だった。あの持ち方も今度やってみたいと思う。 #ワイドナショー
    - 工藤夏樹 (@natsuki_kudo) 2017年7月9日
    カレー皿縦置きだけでなく、ご飯手前で、その理由がスプーンのモーション効率化というところまで、一緒だったのは土屋礼央さんが初めて
    そう思ってる同志は、全国にどれぐらいいるのだろう(笑)#ワイドナショー #土屋礼央 #カレー皿縦置き
    - assy (@assyyyyyy) 2017年7月9日
    カレーライス の
    ルーは右派か、左派か。
    ルーからすくうか、ライスからか。
    縦派(ルーが上でライスが下)って初めて聞いたんだけど(笑)
    夢みる乙女座左利きは、相変わらず斬新なことを考えるなぁ #ワイドナショー#土屋礼央
    - まめ助 (@mame_ochibi) 2017年7月9日
    土屋礼央さんのカレーの食べ方斬新だなぁ。スマホ持ちながら食べやすい方法模索してたら、ルーを上にして皿を縦に置き、上からスプーン入れてルーからのライスすくってそのままの勢いで口に入れるっていうw#ワイドナショー
    - さりしん (@sarishin_nyke) 2017年7月9日

    番組では、土屋さんの「上下」以外にも、ご飯を真ん中に盛ったタイプや、ドーナツ型に盛ったご飯の真ん中と周囲にルーを注ぐスタイルなど、様々な盛り方が紹介された。

    また、番組では触れられなかったが、ダムとせき止められた水をカレーライスで表現した「ダムカレー」というスタイルも近年注目を集めている。国民食として普及しきったカレーは、味付けやトッピング以外にも「盛り付け」という視点から進化を続けているのだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【スマホ時代の「上下置き」勢力も... 激論深まる!カレールーの配置】の続きを読む



    こちらもおすすめ!


    このページのトップヘ