トレンドNEWS@速報

最新・流行を中心とした話題性をまとめたブログです。 エンタメ・芸能情報を多く配信していきたいです(^_-)-☆

    カテゴリ: 芸能


    画像提供:マイナビニュース
    マイナビニュース

    日本テレビ系バラエティ番組『another sky』(毎週金曜23:00~)が、10月で放送10年目に突入することを記念して、『another sky 10年目突入スペシャル』を10月6日・13日に2週にわたって放送することが決定。このほど都内で、MCの今田耕司と歴代MC6人が集合し、収録後に取材に応じた。

    今回出演する歴代MCは、宮尾俊太郎、LIZA、長谷川潤、岸本セシル、瀧本美織、中条あやみ。今田との思い出を聞かれると、宮尾は「先見の明を持つというか、次のことを考えながらトークされているのが、わっすごいな!って思いました」、LIZAは「本当に優しくて、どのゲストが来られても、その方の新しい一面を引き出すのがすごい上手」、長谷川は「今田さんの優しさに本当に頭が上がらないです。毎回助けられました」と述懐。

    岸本は「初めてのトーク番組で2年間ずっと緊張してたんですけど、2年間ずっと優しくツッコんでくれたり、話の輪に入れてくれたので、すごい助かりました」、瀧本は「もう紳士ですよね。やっぱり愛を感じますし、どんなゲストが来てもその人の良さを引き出してくれて、本当にカッコいいです」、そして現役MCの中条は「自分が言っちゃいけないことを言ったときも、笑いに変えてくれるので、いつも『フーッ!』みたいな」と独特の表現で、感謝を語った。

    そんな絶賛の声を受け、「このMC陣はみんなほめてくれる…」と、かみしめる今田。中条には「早く結婚してほしいなって思います。幸せになってほしい!」とまで言われ、「披露宴で、このアナザースカイで使ってるテーブルを使いたい。みんなに来ていただきたい!」と想像していた。

    番組スタート当初のMCは、今田・宮尾・LIZAの3人体制だったが、現在は今田と女性MCのコンビで進行。再び3人体制はどうかと提案された今田は「もう1人若いイケメンが入って、女の子と付き合いだしたら気まずいから…」と消極的だった。

    この番組は、ゲストが「海外にある第二の故郷」「憧れの地」を訪れ、スタジオでその地の思い出や思いなどを語っていくもので、今田は「これだけ続くと思いませんでした」と驚きながら、「どんどん欲が出てきて10年、15年というのは目標にしたいですね」と意欲。

    自身がもう一度行ってみたい場所を聞かれると、「僕、初めての海外が釜山なんですよ。ダウンタウンさんと東野(幸治)とかみんなで、韓国の若い人に日本のお笑いを見てもらうっていうので行って、その時に覚えた当時の流行語が『オジャパメン』で、『ごっつええ感じ』(フジテレビ系)のコントでやるきっかけだったんです」と秘話を明かしながら、「すごい楽しかったし、日本じゃない空気が新鮮だったので、行ってみたいですね」と思いを巡らせていた。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【中条あやみ、今田耕司に「早く結婚してほしい!」『another sky』歴代MC集合】の続きを読む


    『相棒season16』10月18日スタート。初回ゲストに田辺誠一が登場。エリート検察官として杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)の特命係を追い詰める(C)テレビ朝日
    オリコン

     テレビ朝日系人気ドラマ『相棒season16』(毎週水曜 後9:00)の初回が、10月18日に30分拡大スペシャル(後9:00~10:24)で放送されることが明らかになった。初回のキーパーソンとしてゲスト出演するのは、俳優の田辺誠一。腕利きの検察官として杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)の特命係を「違法捜査」の罪で追い詰める。

    【場面写真】刑事役や探偵役が多い中村俊介が容疑者に

     特命係の右京と亘の“相棒”コンビも3シーズン目。どんなスタートを切るのか気になる初回スペシャルは、右京と亘が「脅迫」の罪で告訴されてしまう波乱の幕開け。その告訴状を受理したのは、警視庁ではなく検察庁。特命係はもともと警視庁の厄介者だったが、ついに検察からも目の敵にされてしまう。

     事の発端は、ある大富豪に容疑がかかった連続殺人事件。その被疑者が、自白を強要されたとして特命係の二人と捜査一課の伊丹、芹沢両刑事を「脅迫罪」で告訴するのだが、取り調べの不当性を認めるわけにいかない警視庁は、当然のことながら無視。ところが、これに噛み付いてきたのが、法務事務次官の日下部彌彦(榎木孝明)だった。

     日下部といえば、かつて法務省に籍を置いていた亘の元上司。当時は極めて親密な間柄にあったが、亘が警察官になった今、その関係性は変化。その最大のきっかけは、『相棒season15』の第8話「100%の女」で、日下部が目をかけていた女性検察官を、日下部の要請も聞かず特命係が辞職に追いやったことにある。いまや日下部にとって右京は仇敵であり、亘は裏切り者。そんな特命係を窮地に陥れようと、日下部は今回、かつての亘のように、自分の息がかかる切れ者検察官・田臥准慈(田辺)を密偵に任命。告訴の受理を装って、特命係を「違法捜査」で立件しようと秘密裏に動き出す。

     特命係と検察の対立軸と合わせて、大富豪の連続殺人容疑をめぐるミステリーも見どころ。物的証拠に乏しく、逮捕送検の頼みの綱は被疑者の自供だったが、男は起訴を目前に自供を全面否認。その上で、通常は起訴後の裁判で争う「自白の強要」について、起訴前に取り調べを行った捜査官を逆告訴するという異例の手段に打って出る。

     被疑者・平井陽を演じるのは、数多くのミステリー作品や刑事ドラマに出演している中村俊介。水谷・反町と火花を散らす田辺とともに、新シーズンの幕開けを飾る。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『相棒16』10・18開始 初回ゲスト・田辺誠一が特命係を追い詰める】の続きを読む


    画像提供:マイナビニュース
    マイナビニュース

    アイドルグループ・嵐の松本潤が、日本テレビ系バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(毎週日曜19:58~)の名物企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」に参戦することが17日、明らかになった。この模様は、10月8日に放送される。

    今回は、宮川大輔の「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」が100回目となるのを記念して、松本がサプライズとして登場。2人は映画での共演が縁で親交があり、宮川が過去に準優勝を記録した「タイの田植え祭り」に、ともに参戦する。

    この祭りは、田んぼに設置された4mの平均台と45度の上り下りの坂、さらに足を取られる底なし沼を突破し、苗を植えるという田んぼでのトライアスロンだ。

    田んぼでドロドロになる祭りに、宮川から「今気持ちいいでしょ?」と聞かれたアイドルの松本は「気持ちよくない」と不満をもらすが、負けん気が爆発。1分切れば優勝も夢ではないと言われ、練習で50秒台の好成績を叩き出す。

    しかし、無敵のチャンピオン含め、地元の猛者たちが予想以上の好記録を連発。果たして2人は、表彰台の頂上に登ることができるのか…。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【嵐・松本潤、『イッテQ』お祭り男に参戦 - 田んぼレースでドロドロに】の続きを読む


    Photo by Pixabay(写真はイメージです)
    デイリーニュースオンライン

     SMAP元メンバーの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(40)、香取慎吾(40)が9月8日、30年もの長きにわたり身を置いたジャニーズ事務所を退社し、フリーとなった。今後の展開が注目される3人だが、香取は7月、レギュラー番組の『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)で、

    「おれ、引退しないから!」

     と独立をネタにして今後の活動継続を宣言。また、退社後の10日に放送された、草なぎとパーソナリティを務める『Shin Tsuyo POWER SPLASH』(bayfm)でも、

    「さあこれからだっていう時を何度も人生で経験しましたけど、またこれから始まりです」

     と話し、草なぎも「とりあえず頑張っていこう」と語り、それぞれ再スタートに向けた意欲を示した。

     こうした中、独立についてのコメントを発していなかった稲垣が、遂に重い口を開いた。

     発売中の『週刊文春』(文藝春秋)の直撃取材を受けた稲垣は、当初こそノーコメントだったが、車を走らせるとすぐにきびすを返し、

    「これだけは言わせて」

     と語りかけ、「これからもファンのために頑張っていきますので、よろしくお願いします」

     と言い切ったのだ。

    「稲垣は後日、『東京スポーツ』の直撃取材にも『今は何も言えない。ただ言えるのは、頑張りますということです』と答えています。フリーとしての覚悟が固まってきているようです」

    ■飯島氏&フジ元プロデューサーがバックアップ

     生活が一変する3人だが、前向きに構えられているのは、受け入れ態勢が整いつつあることが影響しているようだ。SMAP元チーフマネージャーの飯島三智氏(59)や『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の元プロデューサーがバックアップ。文春の記事では、この元プロデューサーらが2020年の東京パラリンピックでSMAPの再結集を狙っているとも報じている。

    「香取はパラリンピックのサポートで自作の絵画を提供しています。パラリンピックへの思いが強いだけに、香取が木村拓哉(44)へのわだかまりを抑え、SMAP再結成になびく可能性もありえます」(テレビ局社員)

     解散騒動による混乱から、フリーとなって余裕をみせつつある3人。恩讐を超えての再結成は可能なのか。目が離せない。

    文・鈴木雄二(すずき・ゆうじ)※1977年、神奈川県出身。全国紙社会部に在籍し、警察・検察などの事件取材や、ブラック業界、芸能界などの分野を幅広く取材している。主な著書に「警察のすべて」(宝島社刊・共著)がある。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【香取慎吾が木村拓哉を許す?パラリンピックで浮上する”SMAP再結成案”】の続きを読む


    超特急の新しいアーティスト写真。
    音楽ナタリー

    超特急の新たなアーティストビジュアルが公開された。

    【大きな画像をもっと見る】

    今回発表になったアーティスト写真は、彼らが2017年12月から2018年1月にかけて行うアリーナツアー「BULLET TRAIN ARENA TOUR 2017-2018 the end for beginning」のもの。2016年末に行われた東阪アリーナ公演「BULLET TRAIN CHRISTMAS ONEMAN SHOW 2016 愛す。in Wonder Land」で7人が見せたカラフルで華やかな装いとはがらりと趣きが変わり、近未来的なカッティングの黒いジャケットを着た7人の瞳にブルーの光が宿る、クールな印象のビジュアルに仕上がっている。

    このアリーナツアーの特設サイトでは現在ティザー映像の第1弾が公開中。近日第2弾の公開も予定されているので、8号車(超特急ファンの呼称)は続報にも期待しておこう。

    超特急「BULLET TRAIN ARENA TOUR 2017-2018 the end for beginning」

    2017年12月24日(日)千葉県 幕張イベントホール
    2017年12月25日(月)千葉県 幕張イベントホール
    2017年12月27日(水)神奈川県 横浜アリーナ
    2017年12月30日(土)愛知県 日本ガイシホール
    2018年1月6日(土)大阪府 大阪城ホール



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【超特急の新ビジュアル解禁、7人の瞳に青い光】の続きを読む



    こちらもおすすめ!


    このページのトップヘ