トレンドNEWS@速報

最新・流行を中心とした話題性をまとめたブログです。 エンタメ・芸能情報を多く配信していきたいです(^_-)-☆

    カテゴリ: 猫ニュース



    (出典 www.touan.jp)



    1 わんにゃん@名無しさん :2017/01/02(月) 12:11:55.52 ID:eOp0IFwA.net

    【日経メディカル】ニューヨークの動物保護センターで猫の間で鳥インフルエンザ、獣医師も1人感染
    元記事:http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/special/pandemic/topics/201612/549630.html
    Webアーカイブ:https://web.archive.org/web/20170102025927/http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/special/pandemic/topics/201612/549630.html

    【中央日報】猫も鳥インフルエンザ感染の疑い=韓国
    元記事:http://japanese.joins.com/article/164/224164.html?servcode=400&sectcode=430&cloc=jp|main|breakingnews
    Webアーカイブ:https://web.archive.org/web/20170101234038/http://japanese.joins.com/article/164/224164.html?servcode=400&sectcode=430&cloc=jp|main|breakingnews

     これは非常にヤバい事態です。2016年に九州地方で鳥インフルエンザの為に大量の鶏を殺処分したばかりですが、
    鳥の間だけではなく猫から人へ感染するという事ですから、パンデミックが起きる可能性があります。
     当然ですが、飼い猫でさえ安全とは言えません。猫から人へ感染したのなら、人から猫に感染する事もあり得ます。


    【韓国とアメリカで猫に鳥インフルエンザ感染。アメリカでは猫から人への感染も。】の続きを読む



    (出典 nekoninaritai.net)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2017/04/25(火) 16:18:44.35 ID:CAP_USER.net

    2017.04.25 11:58
    猫好きにはたまらないオフィスがある。

     東京・新宿区のファーレイ株式会社では、仕事中にも数匹の猫がフロアを闊歩。代表取締役の福田英伸氏は「休憩時間には、みんなで猫をあやしたりして、そこでコミュニケーションが生まれます。
    求人に関しても猫好きの優秀な方が来てくれたり」と効果を感じている。開業した当時の社員が猫を連れてきたのがきっかけだったという。

     業務への支障については「よくあるのは電話をしている最中に猫が電話のフックを踏んじゃって、お客さんとの通話が途中で途切れるとか」。
    それでも猫の存在はオフィスには欠かせないといい「だいぶ会社に貢献しているのではないですかね。猫がアットホームな雰囲気をかもし出してくれる」と話した。
    (Abema One Minute Newsより)
    (C)AbemaTV
    猫同伴OKの会社 代表「猫好きの優秀な方が来てくれる」

    (出典 Youtube)

    https://abematimes.com/posts/2305366


    【【東京】猫同伴OKの会社 代表「猫好きの優秀な方が来てくれる」[04/25]】の続きを読む



    (出典 thumbnail.image.rakuten.co.jp)



    1 Ψ :2017/04/27(木) 13:46:46.17 ID:uJ/s3IPt.net

    涙がとらまない(´;ω;`)


    【9800円もした超高級ヘッドホンのコードを猫にかじられた(´;ω;`)】の続きを読む


    ナリナリドットコム

    わんこの体に、60発以上のBB弾や空気銃の弾が撃ち込まれたというニュースが伝えられている。

    米インディアナ州に暮らすヘイデンさんは、息子と一緒にイングリッシュ・マスティフのジャクソンを連れて散歩していた。その時、ふと体に穴が、それもたくさん開いていることに気が付いたという。

    何か虫にでも噛まれたのかと獣医に連れて行ったところ、意外な事実が判明する。なんと、わんこの身体から20個以上の空気銃の弾やBB弾が取り出され、さらにもっと多くの弾が体内に入っていたのだった。

    誰が撃ったのか警察が調べに乗りだしたところ、ヘイデンさんの隣人が麻薬や覚醒剤などを所持していたことから、薬物所持の容疑で逮捕。現在、動物虐待についても捜査を始めたという。

    ネットではわんこの痛ましい姿に同情するコメントが多く寄せられており、「なんてひどい。一度だけでなく何度も撃つなんて」「犯人も同じように何度も撃たれてしまえばいい」「かわいそうな姿…」「マスティフは大きいけれど優しい犬。本当に悲しい」と同情の声が広がっている。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【わんこにBB弾60発、痛ましい姿に悲しみや怒り】の続きを読む



    (出典 farm4.static.flickr.com)



    1 ■忍法帖【Lv=8,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb :2017/04/23(日)00:26:02 ID:hn5

    【困ったニャン騒動】
    あの山梨県庁のネコは今、どうなっているのか あれがネックで…他の県敷地内でも問題に

     山梨県庁(甲府市丸の内)の敷地内に住みつく野良猫に対し、同県が動物愛護団体の協力で去勢(不妊)
    手術を施してから3カ月が経過した。県は飼い主の募集を続けてきたが、去勢した25匹のうち、
    譲渡が決まったのはわずか4匹。飼い主が見つからない最大の要因は、野良猫のためトイレなどの
    しつけができていないためだ。去勢による猫の自然減と譲渡の「二正面作戦」で猫を減らしたい県の思惑は空回りしている。

    続き 産経ニュース 全3ページ
    http://www.sankei.com/premium/news/170420/prm1704200001-n1.html


    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 69◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492688096/38


    【【困ったニャン騒動】 あの山梨県庁のネコは今、どうなっているのか あれがネックで…他の県敷地内でも問題に ★2[H29/4/23]】の続きを読む



    こちらもおすすめ!


    このページのトップヘ