虹のコンキスタドール・ねも(根本凪)が、「トモダチゲーム 劇場版FINAL」の完成披露舞台挨拶に登場した
ザテレビジョン

虹のコンキスタドール・根本凪が8月3日、ユナイテッド・シネマ豊洲(東京)で行われた「トモダチゲーム 劇場版FINAL」の完成披露舞台挨拶に登場。作品の見どころや、収録でのエピソードなどを語った。

【写真を見る】ねもちゃん、ニヤける!?

「トモダチゲーム」は原作・山口ミコト、漫画・佐藤友生による頭脳ゲーム漫画で、「別冊少年マガジン」(講談社)で'14年1月号から連載中。4月にドラマ版がtvkほかで放送され、6月には劇場版の第1弾が公開された。

本作がシリーズ完結編となり、9月2日(土)よりシネ・リーブル池袋(東京)ほかにて全国公開が決定している。

根本が演じるのは、主人公・片切友一(吉沢亮)のクラスメート・心木ゆとり。ゆとりは、友一や、同じ友一のクラスメート・美笠天智(山田裕貴)、沢良宜志法(内田理央)、四部誠(大倉士門)と共に、大金の懸かった謎の“トモダチゲーム”に参加し、「友人を疑ってしまう」ような内容のゲームで“金”より“友”を選べるのかを試されていく。

完成披露舞台挨拶に先だって「トモダチゲーム 劇場版FINAL」を観たそうで、根本は「素晴らしかったです!」と絶賛。だが、「前回のキスから始まった、天智と友一の関係性が萌えるので…(笑)」と変な方向へ。BL的な展開に悶える根本に、共演者たちは「そういうお話じゃないから!(笑)」とツッコんでいた。

また、回想シーンでゆとりの中学生時代を演じた根本。自身の中学生姿について、「何とも言えない感じで…ゆとりは高校生の時は髪の毛を巻いてフワッとさせてるんですけど、中学生の頃はストレートにしています」と話す。

共演者たちは自分の中学生姿について「キツかったですね」「無理でしょ」と苦笑いを見せる一方で、根本の中学生姿には「満場一致で、違和感がないっていうね」「ねもちゃんはピッタリでした」と好意的なコメント。

根本は「ありがたいですね。ありがとうございます。お疲れさまでした」と照れ、MCから「勝手に帰るの、やめてください(笑)」とツッコまれていた。

最後に、根本は「3部作の最後ということで、全ての謎が解き明かされます。『このシーンでの、この行動は、こういう事だったんだな!』みたいに、照らし合わせながら観てもらえると、とっても楽しいと思います。目頭が熱くなったり、ウワーってなったり、感情が忙しくなると思うので、頑張ってください! ありがとうございました」とメッセージを送った。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>