トレンドNEWS@速報

最新・流行を中心とした話題性をまとめたブログです。 エンタメ・芸能情報を多く配信していきたいです(^_-)-☆

    2017年04月

    • カテゴリ:


    (出典 nyanpedia.com)



    1 ばーど ★ :2017/04/29(土) 08:51:43.22 ID:CAP_USER9.net

    耳が垂れ下がった愛くるしい猫の品種、スコティッシュ・フォールドの繁殖をやめるべきだとの声が上がっている。成長と共に関節炎にかかりやすくなるという性質があるためだ。専門家やブリーダーに話を聞いた。

    ※リンク先に動画があります
    http://www.bbc.com/japanese/video-39742007

    参考画像 Scottish fold

    (出典 www.catbreedslist.com)


    ★1が立った時間 2017/04/28(金) 21:39:48.10
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493383188/


    【【ペット】耳が垂れ下がった猫の品種「スコティッシュ・フォールド」に繁殖停止求める声★2】の続きを読む



    (出典 nanmoda.jp)



    1 nita ★ :2017/04/28(金) 20:27:07.66 ID:CAP_USER9.net

    04月28日 19時58分

    大館市が飼育している2頭の秋田犬がJR大館駅の観光駅長に任命され28日、委嘱状の交付式が行われました。

    駅長に任命されたのは大館市が秋田犬のふるさとをPRするために飼育している、秋田犬の「あこ」と「飛鳥」です。

    委嘱状の交付式では2頭の世話をしている市の地域おこし協力隊にJRから帽子や「観光駅長」と書かれた前かけが手渡されました。
    2頭は来月6日から秋ごろまで、毎週土曜と日曜の午前9時45分から30分間、駅を利用する人たちを出迎えたり見送ったりします。

    JRが動物を観光駅長に任命するのは青森県の鯵ヶ沢駅の「ブサカワ犬」として知られる「わさお」の例がありますが、秋田県内では今回が初めてだということです。

    大館駅の奈良隆模駅長は「大館駅の新しい観光の魅力として秋田犬とのふれあいを楽しんでほしい」と話しています。

    ところで「あこ」と「飛鳥」の2頭はイベントなどで多忙な日々が続いたことから体調を崩し、ことし1月以降、活動を休止していました。

    28日は活動再開後、初のイベントだということで、一回り大きくなった姿で集まった人たちを魅了していました。

    地域おこし協力隊の西山奈見さん(34)は「今後はうまく休養を取らせながら活動していきたいです」と話していました。

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/akita/6015786601.html
    (リンク先に動画あります)


    【【秋田】大館駅観光駅長に秋田犬を任命】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 cdn.wanchan.jp)



    【この柴犬はなんで地下鉄なんかに乗ろうとしたんや?】の続きを読む



    (出典 www.touan.jp)



    1 わんにゃん@名無しさん :2017/01/02(月) 12:11:55.52 ID:eOp0IFwA.net

    【日経メディカル】ニューヨークの動物保護センターで猫の間で鳥インフルエンザ、獣医師も1人感染
    元記事:http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/special/pandemic/topics/201612/549630.html
    Webアーカイブ:https://web.archive.org/web/20170102025927/http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/special/pandemic/topics/201612/549630.html

    【中央日報】猫も鳥インフルエンザ感染の疑い=韓国
    元記事:http://japanese.joins.com/article/164/224164.html?servcode=400&sectcode=430&cloc=jp|main|breakingnews
    Webアーカイブ:https://web.archive.org/web/20170101234038/http://japanese.joins.com/article/164/224164.html?servcode=400&sectcode=430&cloc=jp|main|breakingnews

     これは非常にヤバい事態です。2016年に九州地方で鳥インフルエンザの為に大量の鶏を殺処分したばかりですが、
    鳥の間だけではなく猫から人へ感染するという事ですから、パンデミックが起きる可能性があります。
     当然ですが、飼い猫でさえ安全とは言えません。猫から人へ感染したのなら、人から猫に感染する事もあり得ます。


    【韓国とアメリカで猫に鳥インフルエンザ感染。アメリカでは猫から人への感染も。】の続きを読む



    こちらもおすすめ!


    このページのトップヘ