トレンドNEWS@速報

最新・流行を中心とした話題性をまとめたブログです。 エンタメ・芸能情報を多く配信していきたいです(^_-)-☆


    シネマズ by 松竹

    こんにちは、八雲ふみねです。
    今回ご紹介するのは、9月18日からWOWOWプライムにて放送スタートの『予兆 散歩する侵略者』。
    現在公開中の映画『散歩する侵略者』のスピンオフドラマで、映画とはひと味違ったアナザーストーリーが展開します。

    八雲ふみねの What a Fantastics! ~映画にまつわるアレコレ~ vol.122

    山際悦子は同僚の浅川みゆきから「家に幽霊がいる」と告白される。しかしみゆきの自宅へ行くと、そこには実の父親がいるのみ。

    みゆきの精神状態を心配した悦子は、夫の辰雄が勤める病院の心療内科へみゆきを連れて行くことに。診察の結果、みゆきは“家族”という<概念>が欠落しているようだった。

    その一方で、悦子は辰雄が常に行動を共にしている新任の外科医・真壁司郎に違和感を抱き始める…。

    もうすぐ世界が終わるとしたら…。
    映画『散歩する侵略者』から生まれた、恐怖と驚愕の侵略サスペンス

    現在絶賛公開中の映画『散歩する侵略者』。

    劇作家・前川知大率いる劇団「イキウメ」の人気舞台を、国内外で常に注目を集める黒沢清監督が映画化しました。数日間行方不明だった夫が“侵略者”に乗っ取られて帰ってくる…という大胆なアイデアを元に、日常が異変に巻き込まれていく恐怖を大胆に描き出した本作は、第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品され、世界でも高い評価を受けました。

    家族、仕事、所有、自分…。

    侵略者たちに私たちの生活の中で大切にしている<概念>を奪われ、それを永遠に失うことで、世界は静かに終わりに向かう。

    そんな信じ難い出来事が、映画版と同じ時間軸の中で、映画版とは別の街でも発生していたら…というコンセプトのもと、新たな設定とキャストでスピンオフドラマが誕生しました。

    それが『予兆 散歩する侵略者』なのです。

    監督・黒沢清×脚本・高橋洋、恐怖と驚愕の侵略サスペンスに心震える!

    メガホンを取るのは、映画版と同じく黒沢清監督。

    そしてキャストは人気・実力を兼ね備えた顔ぶれがズラリ。
    真壁に違和感を抱き辰雄の異変に不安を募らせていく主人公・山際悦子を演じる夏帆、真壁に声をかけたことがきっかけである“役割”を担うことになる悦子の夫・辰雄に染谷将太、悦子が自分に“何か”を感じ取ったことに興味を持つ外科医・真壁司郎に東出昌大。

    この3人を軸に、中村映里子、岸井ゆきの、中村まこと、渡辺真起子、大杉蓮らが新たな物語の住人に。

    さらに興味深いのが、黒沢監督の盟友とも呼べる高橋洋が脚本を担当していること。映画『リング』シリーズで世界にJホラーブームを巻き起こした高橋氏と黒沢監督のタッグは1998年の映画『蛇の道』以来。

    映画版がエンターテインメントも意識した作りなのに対し、2人が作り出した本ドラマの世界観は、侵略者がいかに日常に“侵略”してくるか、その“予兆”を静かにあぶり出すような、よりコアな作り。

    ジワジワと迫り来る“恐怖”の影には荒々しいまでの獰猛さも垣間見え、スピンオフドラマの域を超えた侵略サスペンスとなっています。

    社会人として当たり前!? 夏帆&染谷将太も驚愕の黒沢組の“実態”とは…。

    第1回放送に先駆けて完成披露試写会が開催され、主演の夏帆、染谷将太、黒沢清監督が登壇。
    八雲ふみねが司会を務め、映画評論家の松崎健夫氏と共に撮影秘話を伺いました。

    全5回のドラマを3週間で撮影した今作。

    「タイトなスケジュールになりそうな予感で、これは寝られないなと覚悟したんですけど…。いざ撮影が始まったら、毎日夕食を自宅で食べられるほど健康的な現場で…」と、笑顔の夏帆さん。

    これには染谷さんも「最高ですよね、晩飯が家で食べられる現場なんてなかなかないですから」と、コメント。

    すると黒沢監督「社会人として当たり前ですよ!」と、会場の笑いを誘いながらも「東出さん含め、3人が集中力高く鬼気迫る演技をやり遂げてくれた」と、現場を振り返ります。

    トークイベントの本番直前、「第1話の上映だったら、『予兆』の予兆ぐらいしか明かされてないね」と皆さんと楽屋で談笑していたのですが、話数を重ねるごとに、その“予兆”が実体化して、現実のものとなっていきます。

    そして最後まで観た時に、このドラマが映画本篇と対になる作品として成立していることに気付くことでしょう。

    是非、公開中の映画と併せてお楽しみ下さい。

    作品情報

    スピンオフドラマ『予兆 散歩する侵略者』
    9月7日(木)深夜0時 WOWOWメンバーズオンデマンド先行配信開始
    9月18日(月・祝)WOWOWプライムにて放送スタート
    毎週月曜 深夜0時~(全5話)第1話無料放送
    監督:黒沢清
    出演:夏帆、染谷将太、東出昌大、中村映里子、岸井ゆきの、安井順平、石橋けい、吉岡睦雄、大塚ヒロタ、千葉哲也、諏訪太朗、渡辺真起子、中村まこと、大杉蓮 ほか
    ©2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ
    公式サイト http://www.wowow.co.jp/drama/sanpo/

    (文:八雲ふみね)

    八雲ふみね fumine yakumo

    大阪市出身。映画コメンテーター・エッセイスト。
    映画に特化した番組を中心に、レギュラーパーソナリティ経験多数。
    機転の利いたテンポあるトークが好評で、映画関連イベントを中心に司会者としてもおなじみ。
    「シネマズ by 松竹」では、ティーチイン試写会シリーズのナビゲーターも務めている。

    八雲ふみね公式サイト yakumox.com

    関連記事

    映画『散歩する侵略者』“ドライブ”シーンの秘密とは?
    『散歩する侵略者』黒沢清ワールドを楽しむ入門編5作を紹介
    長澤まさみ主演『散歩する侵略者』は愛について考えさせられる物語
    侵略SF映画『散歩する侵略者』がメチャクチャ面白い!
    長澤まさみ、切ない愛のメッセージ。映画『散歩する侵略者』新予告



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【夏帆×染谷将太×東出昌大、侵略者はほかにもいた!『予兆 散歩する侵略者』】の続きを読む


    超特急の新しいアーティスト写真。
    音楽ナタリー

    超特急の新たなアーティストビジュアルが公開された。

    【大きな画像をもっと見る】

    今回発表になったアーティスト写真は、彼らが2017年12月から2018年1月にかけて行うアリーナツアー「BULLET TRAIN ARENA TOUR 2017-2018 the end for beginning」のもの。2016年末に行われた東阪アリーナ公演「BULLET TRAIN CHRISTMAS ONEMAN SHOW 2016 愛す。in Wonder Land」で7人が見せたカラフルで華やかな装いとはがらりと趣きが変わり、近未来的なカッティングの黒いジャケットを着た7人の瞳にブルーの光が宿る、クールな印象のビジュアルに仕上がっている。

    このアリーナツアーの特設サイトでは現在ティザー映像の第1弾が公開中。近日第2弾の公開も予定されているので、8号車(超特急ファンの呼称)は続報にも期待しておこう。

    超特急「BULLET TRAIN ARENA TOUR 2017-2018 the end for beginning」

    2017年12月24日(日)千葉県 幕張イベントホール
    2017年12月25日(月)千葉県 幕張イベントホール
    2017年12月27日(水)神奈川県 横浜アリーナ
    2017年12月30日(土)愛知県 日本ガイシホール
    2018年1月6日(土)大阪府 大阪城ホール



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【超特急の新ビジュアル解禁、7人の瞳に青い光】の続きを読む


    日本テレビ系ドラマ『愛してたって、秘密はある。』“本当の完結編”がHuluで配信 (C)NTV
    オリコン

     きのう17日に最終回を迎えた福士蒼汰主演の日本テレビ系連続ドラマ『愛してたって、秘密はある。』の“本当の完結編”が、オリジナルストーリー『僕は誰だ?』としてオンライン動画配信サービスHulu(フールー)にて独占配信された。企画・原案は本編同様に秋元康氏が手がけ、後編は24日より配信される。

    【場面カット】Huluオリジナルストーリー『僕は誰だ?』場面カット

     最終回では父親を殺してしまった主人公・黎(福士)が、解離性同一性障害であることが判明。二つの人格「黎」と「朔」の存在が明らかになったが、オリジナルストーリーではその内面での対話、恋人・爽(川口春奈)との愛の行方を描く。息つく間もないほどスリリングな展開の連続で話題を呼んだ同ドラマの本当の結末が待ち受ける。

     罪を償うため、自首した黎は、取調室を舞台に自分とは正反対の“もう一人の自分”と向き合うことになる。刑事の一ノ瀬、井上の問いかけをきっかけに、マジックミラーの中に映る朔と対峙し、対話していく黎。連ドラでは明かされなかった謎、黒幕の全貌が、朔の口から語られる。

     朔から「その体、俺に譲ってよ」と要求された黎は、自分を待っていてくれる爽のことを思うと、絶対にそんなことはできないと思う一方、「このまま“殺人犯”で“多重人格”なのに彼女を縛っていて良いのか?」と朔に突きつけられ、揺れ始める。面会に来た爽に、黎が告げた結論とは。そして、爽の答えとは。黎と朔は“統合”されるのか…。

     福士は「今回、約30ページに及ぶ一人ぜりふの台本を頂いて自分にとっては今までにないチャレンジだなと思いましたが、最後に奥森黎・朔としっかり向き合えた気がします。新たな自分に気づくこともできました」と手応え。「この物語の結末を皆さんに見届けていただきたいです」と力強く呼びかけてる。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【福士蒼汰主演『愛ある』“本当の完結編”がHulu配信】の続きを読む



    こちらもおすすめ!


    このページのトップヘ