トレンドNEWS@速報

最新・流行を中心とした話題性をまとめたブログです。 エンタメ・芸能情報を多く配信していきたいです(^_-)-☆


    おぎやはぎ (C)ORICON NewS inc.
    オリコン

     お笑いコンビ・おぎやはぎが18日、都内スタジオでTBS系バラエティー特番『ぶっこみジャパニーズ9』(10月3日放送 後7:00)の収録を行った。終了後には、報道陣の取材に応じ、自身がラジオ等で発した“毒舌発言”を切り取ったニュースに対して本音を漏らした。

    おぎやはぎのプロフィール

     実際に「おぎやはぎ」でニュース検索にかけると、本人たちのニュースと同等かそれ以上の量で、旬なゴシップネタに絡めた記事が多く目に留まる。一部では“自然体”の芸風が奏功して炎上をしないコンビとして報じられていたが、矢作兼は「そんなにぶっこんで話してるイメージがない。多少は気をつけるけど、楽屋で話しているところにマイクがある感覚」とあっけらかんと話した。

     それでも自分たちの発言がマークされていることには、どこか意識してしまう様子。「ネットニュースになるとびっくりするね、こんなことを取り上げるんだって。だから徐々に言わなくなっていくと思うよ」とモヤモヤした胸の内を明かすと、相方の小木博明も「活字で見るとびっくりするね、そんなつもりで言ってないのに…。こんなひどい感じで言ってるのかなって反省しちゃうね」と記事とのズレに困惑しているという。

     自然体だからこそ、歯に衣着せぬ物言いになってしまう。これまで柳のように芸能界の荒波を渡り歩いてきた2人は「目立ちたくない。自分がネットニュースに載ってるのが恥ずかしいし、(ゴシップに切り込んで)攻めてると思われたくない」と苦笑いしていた。

     同番組は、海外の“ニセクールジャパン”な場所に日本のカリスマが潜入し、正しい日本文化を伝授する。番組名になぞらえた「ぶっこみニュース」を振られた矢作は「小木は不倫願望がある。でも、さすがに最近の不倫ブームがあって薄れてきたみたいだけど」と暴露。これには小木も「さすがに今は怖いよ…」と笑い飛ばしていた。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【おぎやはぎ“毒舌”注目にモヤモヤ「攻めてると思われたくない」】の続きを読む


    画像提供:マイナビニュース
    マイナビニュース

    日本テレビ系バラエティ番組『another sky』(毎週金曜23:00~)が、10月で放送10年目に突入することを記念して、『another sky 10年目突入スペシャル』を10月6日・13日に2週にわたって放送することが決定。このほど都内で、MCの今田耕司と歴代MC6人が集合し、収録後に取材に応じた。

    今回出演する歴代MCは、宮尾俊太郎、LIZA、長谷川潤、岸本セシル、瀧本美織、中条あやみ。今田との思い出を聞かれると、宮尾は「先見の明を持つというか、次のことを考えながらトークされているのが、わっすごいな!って思いました」、LIZAは「本当に優しくて、どのゲストが来られても、その方の新しい一面を引き出すのがすごい上手」、長谷川は「今田さんの優しさに本当に頭が上がらないです。毎回助けられました」と述懐。

    岸本は「初めてのトーク番組で2年間ずっと緊張してたんですけど、2年間ずっと優しくツッコんでくれたり、話の輪に入れてくれたので、すごい助かりました」、瀧本は「もう紳士ですよね。やっぱり愛を感じますし、どんなゲストが来てもその人の良さを引き出してくれて、本当にカッコいいです」、そして現役MCの中条は「自分が言っちゃいけないことを言ったときも、笑いに変えてくれるので、いつも『フーッ!』みたいな」と独特の表現で、感謝を語った。

    そんな絶賛の声を受け、「このMC陣はみんなほめてくれる…」と、かみしめる今田。中条には「早く結婚してほしいなって思います。幸せになってほしい!」とまで言われ、「披露宴で、このアナザースカイで使ってるテーブルを使いたい。みんなに来ていただきたい!」と想像していた。

    番組スタート当初のMCは、今田・宮尾・LIZAの3人体制だったが、現在は今田と女性MCのコンビで進行。再び3人体制はどうかと提案された今田は「もう1人若いイケメンが入って、女の子と付き合いだしたら気まずいから…」と消極的だった。

    この番組は、ゲストが「海外にある第二の故郷」「憧れの地」を訪れ、スタジオでその地の思い出や思いなどを語っていくもので、今田は「これだけ続くと思いませんでした」と驚きながら、「どんどん欲が出てきて10年、15年というのは目標にしたいですね」と意欲。

    自身がもう一度行ってみたい場所を聞かれると、「僕、初めての海外が釜山なんですよ。ダウンタウンさんと東野(幸治)とかみんなで、韓国の若い人に日本のお笑いを見てもらうっていうので行って、その時に覚えた当時の流行語が『オジャパメン』で、『ごっつええ感じ』(フジテレビ系)のコントでやるきっかけだったんです」と秘話を明かしながら、「すごい楽しかったし、日本じゃない空気が新鮮だったので、行ってみたいですね」と思いを巡らせていた。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【中条あやみ、今田耕司に「早く結婚してほしい!」『another sky』歴代MC集合】の続きを読む


    『相棒season16』10月18日スタート。初回ゲストに田辺誠一が登場。エリート検察官として杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)の特命係を追い詰める(C)テレビ朝日
    オリコン

     テレビ朝日系人気ドラマ『相棒season16』(毎週水曜 後9:00)の初回が、10月18日に30分拡大スペシャル(後9:00~10:24)で放送されることが明らかになった。初回のキーパーソンとしてゲスト出演するのは、俳優の田辺誠一。腕利きの検察官として杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)の特命係を「違法捜査」の罪で追い詰める。

    【場面写真】刑事役や探偵役が多い中村俊介が容疑者に

     特命係の右京と亘の“相棒”コンビも3シーズン目。どんなスタートを切るのか気になる初回スペシャルは、右京と亘が「脅迫」の罪で告訴されてしまう波乱の幕開け。その告訴状を受理したのは、警視庁ではなく検察庁。特命係はもともと警視庁の厄介者だったが、ついに検察からも目の敵にされてしまう。

     事の発端は、ある大富豪に容疑がかかった連続殺人事件。その被疑者が、自白を強要されたとして特命係の二人と捜査一課の伊丹、芹沢両刑事を「脅迫罪」で告訴するのだが、取り調べの不当性を認めるわけにいかない警視庁は、当然のことながら無視。ところが、これに噛み付いてきたのが、法務事務次官の日下部彌彦(榎木孝明)だった。

     日下部といえば、かつて法務省に籍を置いていた亘の元上司。当時は極めて親密な間柄にあったが、亘が警察官になった今、その関係性は変化。その最大のきっかけは、『相棒season15』の第8話「100%の女」で、日下部が目をかけていた女性検察官を、日下部の要請も聞かず特命係が辞職に追いやったことにある。いまや日下部にとって右京は仇敵であり、亘は裏切り者。そんな特命係を窮地に陥れようと、日下部は今回、かつての亘のように、自分の息がかかる切れ者検察官・田臥准慈(田辺)を密偵に任命。告訴の受理を装って、特命係を「違法捜査」で立件しようと秘密裏に動き出す。

     特命係と検察の対立軸と合わせて、大富豪の連続殺人容疑をめぐるミステリーも見どころ。物的証拠に乏しく、逮捕送検の頼みの綱は被疑者の自供だったが、男は起訴を目前に自供を全面否認。その上で、通常は起訴後の裁判で争う「自白の強要」について、起訴前に取り調べを行った捜査官を逆告訴するという異例の手段に打って出る。

     被疑者・平井陽を演じるのは、数多くのミステリー作品や刑事ドラマに出演している中村俊介。水谷・反町と火花を散らす田辺とともに、新シーズンの幕開けを飾る。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『相棒16』10・18開始 初回ゲスト・田辺誠一が特命係を追い詰める】の続きを読む



    こちらもおすすめ!


    このページのトップヘ