トレンドNEWS@速報

最新・流行を中心とした話題性をまとめたブログです。 エンタメ・芸能情報を多く配信していきたいです(^_-)-☆


    新音楽番組『LOVE or NOT♪』メインMCの三代目 J Soul Brothers今市隆二&MCのベッキー
    オリコン

     人気グループ・三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのボーカル・今市隆二(31)とタレントのベッキー(33)が、映像配信サービスdTVとフジテレビが共同製作するオリジナルの新音楽番組『LOVE or NOT♪』(ラブオアノットミュージック)のMCを務めることが明らかになった。15日0時からdTVとFOD(フジテレビオンデマンド)で同時配信される。

    【写真】新音楽番組『LOVE or NOT♪』初回ゲストは山下健二郎

     メインMCは今市が初挑戦、音楽番組のMC経験豊富なベッキーがサポート。毎回話題のアーティストをゲストに迎え、音楽の話からプライベートトーク、ライブパフォーマンスを披露する。ライブは360度パノラマの臨場感あふれる映像で楽しめるVRでも収録し、番組の配信にあわせてdTV VRで独占配信される。

     番組は約25分、全24回配信予定。初回ゲストとして、FOD×dTV共同製作ドラマ『Love or Not』で初主演を務めた三代目JSBの山下健二郎をはじめ、共演者の本仮屋ユイカ、町田啓太、浅見れいな、八木将康、水沢エレナが登場。同じグループの今市と山下がオーディションでの出会いを振り返るほか、ドラマ撮影秘話、それぞれの恋愛観などに花を咲かせ、シンガー・ソングライターのLeolaはドラマの主題歌を歌唱する。

     初回収録を終えた今市は「まずは一安心しています。初めてのレギュラー番組でMCという立場で、右も左もわからない状態ですが、ベッキーさんがいてくださるのでこれからも頼らせていただきながら、成長したいと思っています」とコメント。「楽しめた部分もありますし、もっともっと改善しなきゃいけない部分も見えたので、引き続き頑張っていきたいと思います」と気を引き締めた。

     ベッキーは「すごく楽しかったですし、今市さんとゆかりのある方がゲストでいらして、『普段からこういう風に会話してるんだろうな』という素っぽい部分も見えたし、すてきな収録だったなと思います」と喜び、『あまり番組番組しないで行こう』ってコンセプトだったので、素の会話とか、そういう雰囲気を届けられる気がしてうれしいです。おウチでのんびり観ていただけると思いますので、お好きな時間帯に見ていただけたら」と呼びかけている。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【三代目JSB今市隆二&ベッキー、新音楽番組『LOVE or NOT♪』MCに】の続きを読む


    映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の主題歌を担当するback number
    オリコン

     ロックバンド・back numberが、佐藤健と土屋太鳳がW主演する映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(12月16日公開)の主題歌に新曲「瞬き」(読み:まばたき)を書き下ろしたことが13日、わかった。

    【動画】back numberの主題歌が流れる『8年越しの花嫁 奇跡の実話』予告編

     同映画は、YouTubeに投稿された動画をきっかけに数々のメディアで取り上げられた、あるカップルに起きた実話を映画化。結婚式直前に病に倒れ意識不明となった花嫁と、彼女を待ち続けた新郎の8年の軌跡を追う。

     今回、「人気と実力を兼ね備え、数々のドラマや映画の主題歌を担い、作品の魅力を凝縮させ、かつ増大させるパワーを持っている」という製作陣の意見が一致し、早い段階から彼らに主題歌がオファーされた。

     作詞作曲を担当した清水依与吏(Vo/G)は「奇跡、運命、と聞くとひとまず、やたらキラキラしていて触れない位美しいものをイメージしてしまいますが、本当はもっと泥くさくて汗くさくて実はもっとそばにあるものなのかもしれないなと思いました。なので楽曲としても、なるべく体温を感じる音と血の流れを感じる言葉で構築された力強いものになるよう心掛けました」と楽曲に込めた思いを語っている。

     そのほか、主題歌に感動したW主演の佐藤と土屋、メガホンをとった瀬々敬久監督からコメントが寄せられた。

    ■佐藤健
    8年間も待てるなんてすごいすごいと人は言うけど、もちろんすごいのですが、8年間世界で一番大切な人の側にいれた尚志さんは幸せだったんじゃないかと思います。だってこの曲、どこからどう聴いても尚志さんの歌じゃないですか。back numberの皆さまには感謝しかありません。本当に有難うございます。映画を観た後、そんな目線でこの曲を聴いてみてください。

    ■土屋太鳳
    私は人としても女性としても、そしてもちろん女優としても本当に未熟者だと思うけれど、この歌に出会って、聴いて、歌詞を読んだあの朝の瞬間、この歌の中には愛情の正体があるんだって分かりました。ここから先の地球が巡る時間の中で、自分の命をあがきながら生きる人の、そして大切な誰かを守りたい全ての人の支えになる真実の歌だと思います。私自身ここから先の人生を、この歌が指し示してくれる何かを忘れることなくあたためながら見つめながら、見つけながら生きていこうと思いますし、大切な人がいるかたは大切な人と一緒に、大切な人を探しているかたは御自分のために、一人でも多くの人にこの歌を聴いてほしいと、心から願います。

    ■瀬々敬久監督
    back numberは地方に住む若い人たちのジリジリとした感性を描くのが得意なバンドだと思ってきた。大好きな楽曲の一つに「スーパースターになったら」というのがある。

    スーパースターになったら
    迎えに行くよきっと
    僕を待ってなんていなくたって
    迷惑だと言われても
    スーパースターになって
    男らしくなった新しい僕で
    迎えに行くから

    映画『8年越しの花嫁』につけてくれた「瞬き」も、この感じにすごく近いと思った。麻衣を待ち続けた尚志は、地方に住む普通の無名の人で、彼はスーパースターで決してないのだけど、だからこそ、麻衣を待ち続けたという一点だけで、彼は既にスーパースターなのだ。無名の普通の人こそ、スーパースター。そういう思いがビンビン伝わってきて「瞬き」はまた大好きな楽曲の一つになった。back numberの皆さん、ありがとうございました!



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【back number、映画『8年越しの花嫁』主題歌書き下ろし 佐藤健「感謝しかありません」】の続きを読む


    アサ芸プラス
    アサ芸プラス

     9月6日放送のバラエティ番組「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で「抱かれたくない」ランキング常連のタレント・江頭2:50が、実はイイ女ばかりを抱いていることがわかった。

     番組では「抱かれたくない男」ランキングの必要性について討論。今年、女性週刊誌が発表した結果では、1位がアンガールズの田中卓志、2位が出川哲朗、そして3位が江頭だった。

     これについて、出演者のお笑い芸人・玉袋筋太郎が吠えた。「オレ、こいつが抱いた女、たくさん見ているけど、メチャクチャ、イイ女だらけだ!」と興奮を抑えきれない様子。同じく出演者の作家・室井佑月も「わかる!わかる! だって、これおかしいもん。むしろ、江頭さん、『抱かれたい男』ランキングに入るかもよ。男気あんだよ、すごく」と、こちらも江頭を大絶賛したのである。

    「室井の言葉通り、江頭は男気がありますよ。たとえば東日本大震災の直後、江頭は2トントラックを借り、消費者金融で借金して支援物資を購入し、被災地に届けています。江頭は、この時のことを2011年のニコニコ動画『江頭2:50のピーピーピーするぞ!』(第135回)で語っており、それによると、支援物資の調達に苦労してマネージャーからの提案で、会員制の大型スーパー『コストコ』の“一番上の人”に電話をして物資を購入させてもらったそうです。多方面から賞賛された江頭ですが、『他の芸能人はものすごい金額を募金しているじゃない? 俺はお金ないからさ。体で払ってきただけなんだよ』と、まさしく男気のある発言を残しています」(週刊誌記者)

     雑誌のアンケートでは抱かれたくなくても、実生活ではイイ女ばかりを抱いている理由がよくわかる。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【江頭2:50、「抱かれたくない男」常連でも私生活はイイ女ばかり抱いていた!】の続きを読む



    こちらもおすすめ!


    このページのトップヘ