トレンドNEWS@速報

最新・流行を中心とした話題性をまとめたブログです。 エンタメ・芸能情報を多く配信していきたいです(^_-)-☆


    読者もツッコミ『NARUTO』の迷言たち
    日刊大衆

     岸本斉史氏による大人気漫画『NARUTO -ナルト-』(集英社)。忍同士が熱い戦いを繰り広げるバトルアクション漫画で、「オレが知りてーのは楽な道のりじゃねェ 険しい道の歩き方だ」など、思わずグッとくる名言が数多く登場する作品だ。しかし、ファンの中には、作中の“迷言”のほうに注目している人も少なからずいる。物語が完結して二年以上たった今でも、『ナルト』の“迷言”は独り歩きし、しばしばネット上で用いられることが多い。そこで今回はファンの間で定期的に話題になる、『ナルト』の“迷言”を紹介していこう。

     最初の“迷言”は「水の無い所でこのレベルの水遁(すいとん)を発動出来るなんて!」というセリフ。これは二代目火影・千手扉間が「忍術・水遁」を使ったときに、それを見ていたキャラクターが驚愕して発した言葉だ。当時は謎に包まれていた歴代火影の強さを象徴するセリフだったが、後にもっとレベルの高い水遁を使うキャラクターが続々と登場。その結果、読者からは「火影の水遁はさほどレベルが高くないのでは?」と疑問の声が上がり、たちまち“迷言”と化してしまった。

     続いて「お体に触りますよ」というセリフ。これは干柿鬼鮫がうちはイタチにかけた言葉で、一見なんの変哲もないセリフに見えるが、実は『週刊少年ジャンプ』掲載時の誤植。本当は「お体に障りますよ」が正解だった。“障る”が“触る”になっただけだが、鬼鮫とイタチの両者が男性キャラだったためにネタにされてしまうことに。コミックス化の際に修正されたものの、「鬼鮫とイタチはそういう関係だったのか」「“相棒”という一線を越えてしまった」と一部のファンが大騒ぎし、いまだに“名誤植”として語り継がれている。

     また、ネット上でよく見かける「○○は犠牲になったのだ」という言葉のルーツも、『ナルト』の作中に登場したセリフ。これはうちはマダラがサスケに語った「イタチは犠牲になったのだ」が元ネタになっている。とてもシリアスなシーンにもかかわらず、「仮面に黒タイツ」のマダラの姿がシュールで、ネタにされてしまった。

     その他にも、最強というにはやや頼りない「日向は木の葉にて最強」という日向ヒアシのセリフや、クールなイタチがサスケに放ったかわいらしい褒め言葉「まるで蛇博士だ」などは、今でもファンの間でたびたび話題になっている。

     現在は『ナルト』の続編である『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』(集英社)がジャンプにて連載中。同作品からも新たな名言や“迷言”が生まれることを期待したい。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【読者もツッコミ『NARUTO』の迷言たち】の続きを読む


    アサ芸プラス
    アサ芸プラス

     スレンダー体型のために、豊かな胸の持ち主というイメージがないモデルのすみれだが、いやいや、ここに来て急にサイズアップを果たしているようだ。

     その証拠が8月14日にすみれがインスタグラムで公開した2枚の写真。真っ白な水着を来た彼女の上半身をとらえたもので、布地部分が小さく、膨らみの半分近くまで見えている。

    「これまでの彼女であれば、膨らみはごく小さなものだったはずですよ。ところが、この写真ではかなりの盛り上がりを見せているんです。ちゃんと渓谷もできていますね。水着はシンプルなデザインで、寄せて上げる効果はそれほど高くないと思われます。生でこのサイズと考えていいでしょう。となると、Dカップはあるはずです」(週刊誌記者)

     胸の大きさに加えて褐色の肌やシュッとした首筋にも「急に艶っぽくなったような」「これぞ健康美って感じですね」「白と褐色の肌のコントラストがヤバイ」と絶賛の声が続々と上がっている。

     急に胸が膨らみ始めた理由は何か。一時期、懸念されたメンタル面の回復と無関係ではなさそうだが、その勢いは今後の上り調子を予感させ、何やら喜ばしさすら覚えるのである。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【胸のサイズアップは確実!?すみれの白水着ショットに絶賛の声が!】の続きを読む


    アサジョ
    アサジョ

     子どもとプールに行った報告をすれば「少年のような胸の渓谷」と言われ、夫の鍛えた体を公開すれば「どうでもいい」と叩かれる。それでも1日4~5本のブログをコンスタントに投稿し続ける元モーニング娘。辻希美のメンタルが「鋼のようだ」と一部で称賛されている。

     8月10日、長女に鉛筆の持ち方を注意したことを綴ったブログへの反応も散々だった。その日は、9歳になる長女が夏休みの宿題をしている写真と動画をアップ。「懸命やってる中、私が鉛筆の持ち方を注意しちゃったものだから何だかブツブツ文句いいながらやってるょ」「前から口が酸っぱくなるほど言ってはいるけど、もう癖ついちゃってなかなかなおらず…悩みます」と打ち明けたのだが、ネットにはお約束のようにアンチの悪口の嵐が。

    「母親のおかしなところで平仮名を小さく書いているのも問題だと思うけどね」「辻さん、あなたの方が直すとこ、たくさんあるけどね」「鉛筆を正しく持てないことを母親に暴露されてかわいそう」など、娘より母親の行為を問題視する声で埋め尽くされた。

    「辻のビジネスブロブぶりは、もやは確信犯ですからね。ファンでもアンチでも閲覧数が増えれば増えるほど広告収入が稼げる。テレビ出演の減った芸能人にとって、ブログやSNSでプライベートを切り売りすることは貴重な収入源です。ただ、アンチスレッドに300万件を超える罵詈雑言が集まるのは辻ぐらいでしょう。普通、世間から叩かれれば少しは遠慮するものですが、彼女にはそういう考えが一切見受けられない。7月27日のブログには、子供が回転寿司で寿司を手づかみし上を向いて食べている行儀の悪い写真、31日にはカビが目立つ風呂場を公開するなど、物議を醸すような内容をあえて晒している。炎上上等の肝っ玉の強さがある意味すごいと業界では畏敬の念を抱かれているようです」(エンタメ誌記者)

     反応するネットユーザーは、辻の強心臓に踊らされているのか。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【辻希美「ブログ連続炎上」どこ吹く風の強心臓に畏敬の声?】の続きを読む



    こちらもおすすめ!


    このページのトップヘ